民法の規定について

遺言は民法第五編・第七節に記載があります

遺言は、民法の第5編相続の中にその規定があります。民法第五編は、全部で8章からなります。遺言については、第7章に第960条から1027条までの67条に渡り規定されています。

第一章から第六章までは相続に関する規定です。 これは遺言が存在しないまたは無効の場合に適用される規定等になります。効力のある遺言書があれば、相続は遺言が最優先で適用されます。

民法の条文を中心にその解説をした資料を用意しました。


遺言について

遺言についてダウンロード民法の簡単な解説1(88KB)


遺言の方式について

遺言の方式についてダウンロード民法の簡単な解説2(86KB)


遺言の効力について

遺言の効力についてダウンロード民法の簡単な解説3(51KB)


遺言の執行について

遺言の執行についてダウンロード民法の簡単な解説4(68KB)


遺留分について

遺留分についてダウンロード民法の簡単な解説5(54KB)


エンディングノートについて

エンディングノートは、ご自分が今思うことや思い出を整理しておくノートになります。

遺言書では、要式や方式に決まりがありますが、このノートには思いつくままにご自分の意思を残すことができます。

思い立った時に少しづつでも書き加えて見てください。


ダウンロードエンディングノート(101KB)


参考図書

当ホームページを作成する際に参考にした書籍の一覧になります。各ページに詳細な引用を添付しておりませんが、これらの書籍よりコンテンツを作成しました。


ダウンロード 参考図書一覧(86KB)